女の人

心を読む仕事|心理カウンセラーになるには優しい心を持つこと

多様な学科が設置

制服

就職先が違う

看護学科のある大学が徐々に増えてきています。今までは、専門学校でしか看護の勉強をすることは出来ないというのが通常でした。でも、最近は大学にもこの科は多く設置されるようになっています。専門学校と違う点は、入るのにかなり難しい試験を受けないと合格できないということ、また、卒業後の病院などの選択肢の幅がかなり広いというのも利点です。奨学金をもらって大学に通っている人が多くいるのですが、それにより、卒業後の病院が決まってしまう事はあります。その中でもここに通うことで、多くの病院から選ぶ事が出来ます。ここはかなり利点になってきます。また国立であれば、学費もかなり安くなるので、経済的にも楽にはなってきます。

資格の多さ

看護系の大学に進学すると、他の学校とは何が一番に違うかということになると、取得できる資格がかなり多くなる事です。短大や専門学校では基本的には、看護師の資格をとることしかできないです。4年生の大学になると、看護師以外に、助産師や保健師の資格をとる事が出来ます。その後に養護教諭の免許をとることもできます。これによって、卒業後の進路も看護一辺倒ではなく、ほかの仕事につく事も可能となります。最初から視野を広く持ち、多くの仕事に出会える事を想定しているのであれば、ここは大学を選択することで、よりたくさんの仕事につく事が出来ます。一般教養を学ぶ時間もあるので、この勉強以外のことも学べるチャンスが多くあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加