女の人

心を読む仕事|心理カウンセラーになるには優しい心を持つこと

専門性の高い仕事です

男性

なぜこの仕事を目指すのか

義肢装具士は病気やケガなどで手足を失った人のための義肢の専門家で、医療の現場を支える国家資格です。新しい素材や技術が出てくるため日々技術を磨いていく必要がありますが、社会的貢献度の高いやりがいのある仕事です。この仕事を志す理由は人によってそれぞれですが、ものをつくるという職人的要素の強さにひかれてこの資格を取ろうとするのであれば、今一度この仕事を見直す必要があると言えます。人が義肢を必要とする時というのは、人生の中で深い絶望感を感じている時が多く、自分の現実を受け入れられない状況にある場合もあるという事です。すなわち、義肢装具士が対するのはそのような状況下にある人が多いため、より高い人間性も必要になるのです。

やりがいを感じるとき

自分の体に合った義肢を身に着けることにより、その人の生活は大きく変化し、仕事などにも影響を及ぼします。何とか使えるけどどこか違和感のある義肢と、自分の体になじんだものを使うのとでは生活の質そのものが変わってくると言えるのです。こここそが義肢装具士の腕の見せ所であり、やりがいを感じられる点です。義肢装具士の仕事は義肢を作ったらそれで終わりではなく、患者さんの体に合わせ何度も調整を繰り返していく事になります。医師や理学療法士と連携しながら、その人にとって最適の義肢に近づけていくのです。また、スポーツ選手用の義肢の作製という道もあり、この場合は新しい素材などを視野に入れながらより高いパフォーマンスができるものを目指していく事になり、違う意味でのやりがいを感じられるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加