レディー

心を読む仕事|心理カウンセラーになるには優しい心を持つこと

高齢社会の今

男女

医療業界は、今後人材の需要が見込まれています。そのため、専門学校で高いスキルを身につける事で即戦力になり力を発揮出来ます。就職だけではない独立開業も可能な医療系資格を専門学校で集中的に学ぶ事で、自身のステップアップが可能になります。

資格が必要なのか

ウーマン

どうすればなれるのか

心理カウンセラーって何だか難しい仕事のように思えますが、実は決まった資格が無くても誰でもなれる事が出来るというのをご存知でしたか。心理カウンセラーとは、何か悩んでいる人や元気がない人の話を聞いてあげる人の総称を指します。ですので、なるには特別資格は必要なく、話を聞いてあげるのが好きであれば、誰でも心理カウンセラーを名乗る事が出来るという事です。とはいえ、心理カウンセラーになるための資格もちゃんとあります。一番メジャーなのが、臨床心理士です。メンタルケアカウンセラーや精神保健福祉士、認定心理士、学校心理士、認定カウンセラー、教育カウンセラーなど、色んな種類があるという事を覚えておきましょう。ですので、心理カウンセラーになるには、まずは自分のやりたい事を明確にするようにしましょう。

どんな場所で働けるのか

心理カウンセラーになるには、資格は必要ありませんが、専門知識を身に着けるために勉強は欠かせません。専門学校に行ってしっかりと勉強をしても良いですし、また自宅で通信教育で学ぶことも出来ます。心理カウンセラーは、主に学校や教育センターなどの教育機関や大学、保険所や福祉センター、病院やクリニック、企業や民間の相談室など、実に幅広い所で活躍する事が出来ます。資格も勿論重要ではありますが、相談をしに来た人が、安心して心開けるように接する優しさも必要になります。決まった資格がない分、心理カウンセラーになるには沢山の勉強が必要になります。ですが、一生懸命勉強をすれば、必ず良い心理カウンセラーになる事が出来るでしょう。

専門性の高い仕事です

男性

ケガや病気で手足を失った人のための義肢の専門家である義肢装具士は、技術とともに高い人間性が必要とされる仕事です。患者さんに合う義肢を作るために何度も調整を繰り返していくので、良い物ができた時には強いやりがいを感じることができます。

多様な学科が設置

制服

看護の大学は、短大や専門学校とは違って取得できる資格が違ってきます。将来的にも色々な職業につけます。また公立の学校であれば、学費も安く抑える事ができます。卒業後の病院の選択も幅広い中から選ぶ事が出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加